栃木レザー製アニリン染めヌメ革⇒ ■ノート・手帳・ブックカバー ■システム手帳 ■セパレートバインダー ■パスポートケース
■長財布型カードケース ■ペンカバー ■パスケース(送料無料) ■RHODIAカバー
ソフトシュリンク(型押シボ)牛革⇒ ■ノート・手帳・ブックカバー ■ペンカバー ■RHODIAカバー



 
【ヌメ革×糸の色】

ほぼ原寸大です(色の見え方はPC環境によって異なります)。糸選びのご参考にご覧下さい。



 べにあか(革色に一番近い糸はレッド)  オニキスブラック(革色に一番近い糸はブラック)
 オリーブ(革色に一番近い糸はカーキ)  インディゴブルー(革色に一番近い糸はブルー)
 ビターチョコレート(革色に一番近い糸はダークブラウン)  オールドオレンジ(革色に一番近い糸はオレンジ)



【ソフトシュリンク×糸の色】
糸の色(左から・すべて同じ並び順です) 濃いベージュ・カーキ・ネイビー
※PC環境によって、色の見え方は異なるかと思いますが、ご了承下さい。
※ミシン目が歪んで見えるものがありますが、撮影の際に革が曲がっていたためです。
 (もちろんまっすぐ縫製しています)
※ディープネイビーの現物は、もう少しだけ紺味が出ています。
※カナリアイエローは、もう少し明るい黄色です。
※ホワイトは、もっと真っ白です。




【糸選びについて】
革と糸の組み合わせは、お客様のお好みに応じてご自由にお選び頂いております。
明確なイメージをお持ちでないお客様に、製作側として感じることだけでも
挙げさせて頂きますので、ご参考になれば幸いです(あくまでも私の主観です)。


■ネイビーの糸は、合わせる革の色によってはほとんど黒に見えますので、ご留意下さい。
■ウォームピンクは、ベージュっぽいピンクです。合わせる革の色によってはベージュに見えます。
■明るい色の革に、暗い(濃い)色の糸を合わせると、糸が浮いて見えるかもしれません。
 たとえば、カナリアイエロー、ホワイト、レッドなどの革に、ブラックやネイビーの糸を合わせると、
 なんとなく糸のラインが気になってしまいます(私は)。なんというか、「糸ばかりが目立つ」という感じでしょうか。
 とはいえ、糸を目立たせたいお客様もおられますし、もちろんお好きなものをお選び頂ければ結構です。
■これは究極の主観になりますが、これまでお作りした中で、「おっ、これは!」と思った色は以下の組み合わせです。
 ・ブラック×レッド ・ブラック×オレンジ ・ブラック×ウォームピンク ・ブラック×薄紫 (ブラックは何でも合いますが)
 ・ディープネイビー×レッド ・ディープネイビー×オレンジ ・カーキ×イエロー ・カーキ×オレンジ ・チョコレート×レッド 

 革と同系色での縫製は、基本的にはどれも違和感がなく、落ち着いたものに仕上がるかと思います。
 中でも、ブラックとチョコレートにつきましては、ちょっと落ち着きすぎるかなーという感じがしないでもありません。
 (市販品でよく見る色合わせだから・・・かもしれませんが・・・)
 せっかくサイズオーダーを頂くことですし、少し変わった色に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

上記はまったくもって私の主観で、しかも私は女性なので、男性のお客様とは好みが違うかもしれませんが。
よくご質問頂く「色合わせ」につきまして、いつもお答えしていることを述べさせて頂きました。ご参考までに。

「過去のオーダー事例集」
のページでは、これまでオーダー頂いたいろいろな組み合わせ例をご紹介しています。




▲ページTOPへ





糸の色(下の画像以外に、ダークブラウンとブルーをご用意しました)

※糸の色は、束で見るよりも1本ずつ見る方が薄く感じます。実際の色味は、束画像よりも薄いとお考え下さい。
※画像はまだありませんが、ダークブラウン(かなり濃い茶色)・ブルー(普通の青)もご用意しました。
 ダークブラウンは、ヌメ革のビターチョコレート、ソフトシュリンクのココアに合う色です。
 ソフトシュリンクのココアに「ブラウン」の糸を合わせると、少し糸が明るすぎるかと思いますので、
 革と同系色を・・・とお考えの場合は「ダークブラウン」をご指定下さい。

ホワイト
(普通の白です)

ブラック
(普通の黒です)

レッド
(真っ赤です)

濃いベージュ
(茶色に近いベージュです)

ブラウン
(普通の茶色です)


ネイビー
(結構濃いネイビーです)

イエロー
(明るい黄色です)

カーキ
(緑味は薄めです)

薄紫
(すみれ色。薄いです)

ウォームピンク
(くすんだ薄いピンクです)
ベージュっぽいです

水色
(薄めで明るい水色です)

オレンジ
(はっきりしたオレンジです)






▲ページTOPへ